不動産でマイホーム選び~知識をつけてbigな買い物~

地域の価格相場

住宅街近く並木道

東京で一戸建てを購入する場合は、地域によって価格が異なります。一番相場として高い地域は港区で1億4千万円ほどが平均価格です。一番相場として安い地域は足立区で3400万円ほどが平均価格です。間取りによっても価格は異なりますが、地域の相場に合わせて広くなればなるほど高くなります。また、駅の近郊や接している道路の方角によって変わります。南に接している場合は、北に接している場合よりも日当たりが確保されるので高くなる傾向があります。角地などはより開けているので高くなる傾向にあります。東京の一戸建て土地はあまり広く取らないような特徴があるので、道路に接していると近隣との距離が保てるので圧迫感がなくなります。

東京に住む場合は、一戸建てかマンションか賃貸か購入かを迷う方が多いです。東京の一戸建ての場合は狭い土地に建設することが多いので3階建ての一戸建ても多いです。階段の上り下りが大変なため、マンションの方を好む方もいます。最近では、新しいマンションの建設も増えてきています。一戸建てには一戸建てなりのメリットがたくさんあるため、需要は多くあります。昔と比べて今では狭小住宅などの建築技術も進歩しています。そのため、狭い土地でも有効的に土地を活用して住宅を建設することが得意なハウスメーカーも増えてきています。このようなデメリットをカバーできる技術が進歩すればするほど東京のような土地の場合でも需要は高まるといえます。