不動産でマイホーム選び~知識をつけてbigな買い物~

住宅にかかる費用

仙石線と町風景

一戸建て住宅に住む場合、どれくらいのお金がかかるのでしょうか。建売住宅と注文住宅に分けて考えてみます。まず一戸建ての中でも建売住宅についてですが、通常は建売住宅を販売する場合は土地と建物がセットになって販売されます。土地だけの価格や土地以外の価格は書かれていませんが、土地の価格についてはインターネットなのでも調べることは可能です。一方土地以外の価格はわかりにくいですが、おおよそ1500万円から2000万円であることが多いようです。中には1000万円以内で建てられている住宅もありますが、その品質は最低限のものを使っていることが多く、劣化するのも早いのです。一方、注文住宅に関しては、その土地以外の価格の幅はかなり広いですが、平均すると2800万円から3000万円程度になります。

一戸建ての中でも注文住宅が建売住宅よりも3割程度高いのは、オーダーメイドだからです。施主と工務店やハウスメーカーが話し合いながら設計をしていくため、どうしても時間とお金はかかってしまうのです。では、一戸建てに住むためにはどのくらいの世帯年収が必要でしょうか。世帯年収から見た住宅の費用の目安は7倍と言われています。世帯年収が500万円の家であれば3500万円までの住宅であれば無理なく購入ができるということです。これはローンの金利がいくらぐらいになるかということや、頭金がいくら用意できるかという条件によっても変わってきます。論の金利を含めてだとすれば頭金をできるだけたくさん用意できれば、4000万円程度の住宅も無理なく購入ができるのです。